リハシード福岡のご利用様

リハシード福岡の樋口です。

川平法の自費訪問リハビリをしています。

今年1月開業して以降、皆様継続してご利用頂いております°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

どのような方々がご利用になられているか、経緯をご紹介していきます✨(ご本人様へは了解済みです)

①脳出血左片麻痺 50歳男性

私は日本人でハワイ在住時に脳出血を発症
アメリカは早期退院のため、歩くのも十分でないまま自宅に退院。
コロナ感染でハワイがロックダウンし、一時期解除となりようやく帰国。
それは発症して4か月過ぎた頃。
隔離期間を得て、何とか回復期病院入院できたのも2週間足らず。

発症して5か月目で初めてお会いした時は、室内杖歩行もまだおぼつかない状態でした。

その後数か月で室内つたい歩き→室内はお一人で杖なし歩行となりました。

②脳梗塞右片麻痺 60歳男性

脳梗塞を発症して、慎重に病院選びをしましたが、納得のいくリハビリが受けられませんでした。
介護保険も利用しましたが、麻痺を回復するリハビリを受けられずに止めました。 
他にも介護保険利用中に麻痺した肩が痛くなり病院に行ってもリハビリを受けられなかった」や
「介護保険が年齢的に合わない」方などです。

リハシード福岡では、

医療保険から介護保険にスムーズに移行できなかった方や、

介護保険を受けていても更なる麻痺の改善を目指したい方、

川平法を受けたい方などを受け付けております。

これまで一緒に麻痺の改善を目指した方々は

歩くとき麻痺した腕が曲がっていたのが、まっすぐになったまま歩けるようになった

薬が麻痺手を使って飲むように

趣味の模型作りを楽しんでいる

リンゴの皮むきで包丁が指に当たりそうで怖かったのが、コントロールできるようになって怖くなくなった

片側だけ靴が極端にすり減っていたのがだいぶ良くなってきた

肩の痛みを訴えていたのに

外に出かけるようになった

健康に気を付けることに取り組みだした

など意識に変化があった方もいます✨。

一緒に麻痺等の身体改善を目指していきます(^^♪

☆彡最後までお読みいただきありがとうございました。

☆お問い合わせはコチラ

☆川平法体験申し込みはコチラ