止まった時間を進める


リハシード福岡の樋口です。ご利用者様のご紹介です。

ご本人様よりお電話でのお問い合わせがありました。
以前受けていた川平法のリハビリが途中で終わっている気がしている、
もし続けていたら指が動いていたかもしれない、
という気持ちがずっと残っている」

脳出血左片麻痺 介護保険デイケア利用中のC様

脳出血を発症して約4年。

とても活動的な方ですが、麻痺の改善に関しては過去のまま時間が止まっている、前に進むためにお申込みを頂戴しました。

初回体験の日時をご都合をお伺いして決定します。その後、リハシード福岡からご本人様宛てに資料とカウンセリングシートをお送りしますので、わかる範囲で当日までご記入をお願いしています。訪問リハビリの当日は記入されたカウンセリングシートを作業療法士が拝見しながらこれまでのことや現在のご様子、ご本人様とご家族様のご要望等をお伺いします。

C様のご要望の一つは「つまむ動作ができるようになりたい」でした。

リハシード福岡では、ご本人様のご要望というのは生活に必要な動作と捉えております。ご要望に添えるように川平法にてご自身で動かす能力を引き出すようアプローチをしていきます。C様のお部屋にてご家族同席の元、施術体験を始めさせて頂きました。

そしてわずか2回の施術後にデイケアの担当作業療法士さんが
今まで動かなかった親指が動いています!
と変化に気付かれたとのことです。
デイケアで担当されているだけに変化への気づきは早いですね。

リハシード福岡の訪問リハビリにて更に施術回数を重ねていくうちに、つまみ動作の形が作れるようになりました(改善には個人差があります)。

川平法は麻痺改善の効果が高いリハビリです。
180日を過ぎても適切で十分な量を実施することで更なる改善が期待されます。

C様もずっと心に引っかかったままの「川平法を受けて麻痺を改善したい」という想いを一本のお電話で進めることができました。悔いのない人生を過ごしていきたいお気持ちで溢れていますね!今年も残りあとわずかです。来年、更に飛躍されますよう、サポートして参ります。

リハシード福岡では最大限に麻痺の改善のために促して、
よりよい生活を過ごして頂くことを目標にしています。

最後までご覧いただきありがとうございます。

お問い合わせはこちら

#リハシード福岡 #川平法 #脳卒中 #脳梗塞 #脳出血 #自費リハビリ #自費訪問リハビリ #片麻痺後遺症改善 #作業療法士 #理学療法士 #訪問リハビリ